FC2ブログ

〜だだっ広く浅く〜

3児のパパが趣味でやってる事を公開してます。

W杯 2018 コロンビア戦を振り返る

日本、半端ないって!!


勝った。
まさかコロンビアに勝つとは。
微塵の期待も出来なかった日本がコロンビアを撃沈するとは。

やはり開始3分のPK &レッドカード。
更にはハメスのベンチスタート。
これは持ってるね〜。ではない。

ネットで言われているのは
『もし、11対11なら試合はわからなかった』
『ハメスが居なかったから』なんて言われてたりします。

ちょっと待ってください。

別に日本がお願いしてPKをもらった訳ではなく
レッドカードも欲しいなんて言ってません。

あの瞬間。
コロンビアに『まずい』『やばい』と思わせた日本の気迫。
全て自分たちで掴んだ勝利なのです。

ただ、日本はまさか開始3分で先制できるとは思わなかったのでしょう。

先制後、極端に引きこもり、ボールを奪われるのを恐れてしまい
リズムをコロンビアに譲ってしまった。

逆にさすがは南米コロンビア。
決して慌てる事なく、虎視眈々と反撃の機会を伺う。

バックパスのようなシュートだったがファルカオの飛び出しからの
シュート。

そして、やはりというか当然というかFKからのゴール。
普通、どうしても1点が欲しいときにコロコロFKは打てないよ。

まだコロンビアには余裕がある。

そう思わせるには十分な一撃。

日本は逆転されたかのような表情。
今までの日本なら更なる失点を恐れるところ。

いままでならね。
今の日本はここからが違った。
前回のリベンジ。
W杯に対する思い。
悔しい思いはまっぴらだ。と言わんばかりにベテランが奮起する。
前半こそスコアは動かなかったが、今のベテランには
自分たちの置かれた状況を理解するにはハーフタイムで十分だった。

『まだ同点』『相手は1人少ない』
冷静に対処すれば穴は見えてくる。
ムダな横パスを控え、コロンビアが捉えきれてない柴崎から
縦パスでチャンスを作る。

徐々に10人のコロンビアは燃料を失う。
完全に日本に主導権を奪われたコロンビア。

名将ペケルマンはハメスに賭ける。
日本は名前に弱い。
ブラジル・アルゼンチン・ロナウド・メッシなど
名前を聞いただけで怖じ気ずく気質がある。

ハメス投入後、確かにスタジアムの雰囲気が変わる。
ただし・・・。今の日本はベテラン揃い。
昌子以外は海外で揉まれている選手ばかり。

ハメスが本調子でないと気づくやいなや、ハメスを横目に
日本ペースを維持。

こうなると日本は一気に攻め立てる。大迫・酒井・乾。
次々にゴールへ迫る。

そして迎えた後半28分。
ついにコロンビアの急所を突く。
『半端ない大迫』その言葉通り3人のDFに囲まれながら
頭一個抜けたヘディングシュート。
ただの1点ではない。
コロンビアを破壊するには、これ以上の得点は必要ない。
終戦。あとは守りきる。

ハメスのシュートも大迫がブロックし万事休す。

勝てば経験が生きた。
負ければ年齢が高すぎ。

今回は前者だ。
今までのW杯とは気迫が違う。

さぁつぎはセネガルだ。

確かに強く、早く、素晴らしい組織を持った集団だ。
しかし、日本は今までのW杯と違う。
そう、日本人でも西野監督がどんな策を持っているのか知らない。
『全てがベールに包まれた日本』これは初めてだ。
さらに西野監督は短期決戦の厳しさを誰よりも理解している。
そう。1996年。マイアミの奇跡と言われたブラジル撃破。
それでも叶わなかった決勝トーナメントへの道。

今の日本には隙がない。
セネガル戦。日本最大の武器は西野監督の経験だろう。

さぁ、『半端ない日本』を見せつけろっ!


スポンサーサイト



メッシとはそこまでなのか?

アルゼンチン対アイスランド。

アルゼンチンの戦術は「メッシ』。
いや、良いんだけどね。
アイスランド相手に全く機能しないところをみると
決勝トーナメントは怪しいね。

コート上でほぼ散歩しているだけのメッシ。
アグエロ・ディマリアなどそうそうたるメンバーを揃えておいて
メッシ頼りにする必要があるの?

あんだけ歩く選手に対して誰も文句を言わず監督も替えようとしない。

メッシが前を向いてボールを持ったときは確かに他とは違う。
なら、メッシがしっかり動いてくれればPKを外したとはいえ
勝てたはずだ。

そもそもメッシはあれで満足なのか?
敗退しても後悔しないのか?

世界最高の1人。Cロナウドはキャプテンらしくしっかり
チームを引っ張り、自身もハットトリックと文句なし。

メッシよ。
本気を出せ!!

World Cup ポルトガルVSスペインを見て

どうも。
いやー、ポルトガルVSスペイン
なぜこんな時間に・・・。
夜中の3時からって遅いよね。

2日目は
①エジプトVSウルグアイ
②モロッコVSイラン
この2試合は前座にまで成り下がった。

いや、どちらも素晴らしい試合でした。
ただ、この2試合がサッカーと言うのなら
ポルトガルVSスペインは何というスポーツなのか?

そう、これこそ『フットボール』
最高のエンターテイメントだ。
夜中の3時?関係ないね。

C・ロナウド・・・

ポルトガルVSスペインというよりは

C・ロナウドwith脇役VSスペインという印象。

これは決してポルトガルをバカにしているわけではない。

C・ロナウドが凄すぎるのだ。

試合後のC・ロナウドが『どうだ!このやろう』と言わんばかりの

表情。

スペインリーグを見ていない私からしたら

『もう良い年したオッさんだろう。』

『スペインの前では無力』

など、勝手なことを思っていた。


フタを開けると・・・。


ロナウドさんすいません。

あなたはあのスタジアムの中でダントツに輝き、

誰よりも若さ溢れる名選手でした。

『なんじゃあのスピードは』

瞬間的なスピードならボルトより上?

いやほんとに。

C・ロナウドVSスペインというC・ロナウドの引き立て役。

誰よりも努力する男。


試合結果を受けて

C・ロナウドは置いといてスペインはやはりスペインでした。

とにかく繋ぐ繋ぐ。


イニエスタ・イスコ・シルバなどがボランチまで下がって

ボールを受け、あっちでもこっちでも鳥かご。

ドリブルもパスも超一流レベルだから取りに行けない。


取りに行って空いた小さな穴を上手く使える技術。

目まぐるしく変わるポジション。


イスコがドリブルで仕掛ければイニエスタの代名詞ダブルタッチ。

変わって入ったチアゴのキレキレフェイント。

急にロングボールを入れるラモス。


サッカー選手ってすげー。

人間ってすげーよ。


ただね・・・。

同点なり、勝ってるなりしたら良いんだけども

負けてる時ってフラストレーションが溜まるチームだとも感じた。

『早よ前行けや!!』


負けてる時、何回思ったか。

なんせ、あのチョコマカ繋ぐレベルが高すぎて

見てる側は意図が分かりにくい。


何を狙ってるのか?

単に相手チームが食いついて来るのを待っているのか?

なんなの?

わからん(笑)


冒頭で褒めちぎった両チームのサッカー。

確かに凄かったのですが、両チームとも優勝は不可能。


ポルトガルはC・ロナウド依存から脱していない。

スペインはあれだけボールを保持しながらあっさりと3失点。


細かいパスワークの良いところは

『取られてもスグに囲んで取り返せる』

ところにあるはずだがC・ロナウド1人止めきれず。

これではドイツ・ブラジルには勝てない。

ネイマール・ジェジュス・フェルミーノ・ウィリアン・

コウチーニョなど世界最高レベルは絶対止められん。

中盤・サイドバックの守備が甘すぎる。


ここにスペインの穴がある。


まぁ、この試合を引き分けた2チームの予選突破は確定だろう。

眠れない日々を過ごす至福の時間。

4年に1度のW杯。

こっちのコンディションが持たないぜ(笑)


みなさん。楽しみましょう。


でわでわ。











2018 World Cup ポルトガル VS スペインの展望

ポルトガルVSスペイン

ロシアVSサウジアラビアから始まったWorld Cupだが、
初めての強豪対決。
こういうカードを待ってたんだよ。

注目はやはりイニエスタ。
選手紹介時にレアルマドリーやバルセロナなど超強豪チーム名が
ずらりと並ぶ中、『ヴィッセル神戸』ですよ。
鳥肌もんだね。

2010年 南アフリカ大会ではバルサスタイルで一時代を築いた無敵艦隊スペイン。

現在はバルセロナよりレアルマドリー勢の方が多くなっています。
まぁあのスタイルはイニエスタ以前にシャビが居ないと難しいですから。

以前より縦の意識が強くなったスペイン代表。
さてロナウド要するポルトガルをどう料理するのか?

楽しみですね。

ではでは

4年に1度のサッカーW杯が始まる

もうすぐ始まる。
サッカーのW杯。
開幕戦は『ロシアVSサウジアラビア』
地味だろオイ。

ロシアには昔、モストボイやアルシャービンなどスター選手がいたが
今回、出場国ではFIFAランキング最下位で70位
サウジアラビアより3個下。

せっかくだからサウジを応援かなぁ。

まぁ眠気に襲われるような内容はゴメンですよ。

ではでは。